『きかんしゃトーマス』の一文字目でチューンナップする会

 

今日は、電車好き男子の登竜門
みんな大好き『きかんしゃトーマス』です。

 

それにしても、最近のトーマスはCGがグリグリ動くので
小さい子どもでも、わかりやすくなりましたね。

 

チューンナップしたトーマス、発射オーライ!

 

 

あかんしゃトーマス
→急に扉が開かなくなるという。開かずのトーマス。

いかんしゃトーマス
→目的地には、ほぼ間違いなく行かないであろう。ミステリーツアー。

 

おかんしゃトーマス
→トーマスだと思ったら、まさかの『おかん』登場。いつも息子がお世話になってます。

かかんしゃトーマス
→脱線も何のその。誰かが敷いた線路は走らないぜ!というこじらせ気味の果敢さ。

 

こかんしゃトーマス
→なんだかムズムズする気持ちになりませんか。

さかんしゃトーマス
→機関車だって、そんな時もあります。ポッポー!

 

すかんしゃトーマス
→顔立ちなのか、色なのか、どうしても好きになれません。

 

ちかんしゃトーマス
→チカンは犯罪です!チカンアカン!

なかんしゃトーマス
→それでも絶対に泣きません。

 

ぬかんしゃトーマス
→追い抜きはしません。

はかんしゃトーマス
→パンツははきません。だって、機関車だから。

ひかんしゃトーマス
→絶対に客車や貨車を引きません。むしろ周りはドン引きですが。

ふかんしゃトーマス
→車体を拭こうとすると激怒します!

ほかんしゃトーマス
→整備工場で大事に保管されることになりました。

 

みかんしゃトーマス
→パーツの所々にミカンが!ミカンの皮で走る環境に優しい機関車です。

むかんしゃトーマス
→ちなみに、皮は剥きませんよ。

 

やかんしゃトーマス
→やかんでお湯を沸かして、その蒸気の力で走ります。

ずかんしゃトーマス
→図鑑にしか載ってない幻のトーマス。

 

ぴかんしゃトーマス
→一番の特徴は、夜になると目が光るんです。ニャーオ。

ぷかんしゃトーマス
→機関車のくせに水に浮くという。

ぺかんしゃトーマス
→あちこちペコペコに凹んでいます。

ぽかんしゃトーマス
→発射の合図があってもポカーンとしてます。

桃太郎の一文字目を変えてイロイロな太郎を作ってみる会

今回は、誰でも知っている有名な昔話の『桃太郎』
最初の一文字目を変えて、イロイロな太郎を作ってみました。

それぞれの太郎には、それぞれの物語があります。
みなさんの中でも、想像して考えてみてください。

それでは、はじまりはじまり。

 

いもたろう
→芋から生まれた芋太郎。焼酎の銘柄っぽい。

うもたろう
→羽毛が大好きうもたろう。キジがいつもビクビクしています。

えもたろう
→超エモい〜!えもたろう。

おもたろう
→ずっしりしてます。川底をころころ、ころころ転がってきました。

かもたろう
→すぐに騙されてしまいます。犬、猿、キジに、きびだんごを騙し取られました。

きもたろう
→完全にイジメですね。

こもたろう
→声がこもって聞こえません。

しもたろう
→下ネタ大好き。しもたろう。

すもたろう
→鬼ヶ島の時もすごかったけど、ふだんの素も太郎してるよね(犬は語る)

せもたろう
→背もたれへのこだわりは、他の追随を許さない。

つもたろう
→引きがとにかくスゴイ。

なもたろう
→性もたろう。名もたろう。たろう たろうと申します。

にもたろう
→大きな桃から、カクレクマノミが!

ぬもたろう
→なんだかちょっと、ヌルっとしてそうです。

のもたろう
→鬼ヶ島ではなく、渡米して、大リーグで活躍。
おじいさんとおばあさんに豊かな生活をもたらしました。

はもたろう
→老舗の小料理屋。鱧が絶品なんです。

ひもたろう
→毎日、家でゴロゴロして、おじいさんとおばあさんに養われましたとさ。

ほもたろう
→鬼ヶ島で鬼を見て興奮を抑えられません。

めもたろう
→とにかくなんでもメモります。ペンは剣よりなんとやら。

じもたろう
→昔は地元でぶいぶい言わせてたんだけどねー

でもたろう
→言い訳ばっかり

どもたろう
→あせるとついつい、どもってしまいます

ぴもたろう
→PPAP