九州ご当地アイス ブラックモンブランは全国区の美味しさ

ブラックモンブランというアイスをご存知ですか?
関東でも時々見かけることができるこのアイスですが
少し掘り下げてみたいと思います。

■ブラックモンブランとは

ブラックモンブランは、佐賀県小城市にある
竹下製菓株式会社が製造しています。

ブラックモンブランは竹下製菓の主力商品であり
ロングセラーとなっています。

ブラックモンブランの商品名の由来ですが
竹下小太郎前会長がアルプス山脈の最高峰
「モンブラン」を眺めたときに
「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたらさぞ美味しいだろう」と考えたそうで
この思いをアイスクリームの名前に取り入れたものとされています。

このエピソードを読むと、竹下小太郎氏のアイスクリームへの純粋な想いを感じますし
アイスクリームへの愛、その先には子供達の姿もきっと見えているんだろうなって思いました。

ロングセラー商品の影には、こうした熱い思いを
持った素晴らしい経営者がいるんだなと
あらためて考えさせられます。

ブラックモンブランは、誕生から50年近く経っているそうですが
当時のアイスの中では、バニラアイスにチョコレート、クッキークランチの組み合わせは
かなり革新的だったようですね。

ここにも、前会長の思いが伝わってくる気がします。

■気になる味は

バニラアイスにチョコレートコーティング
そして、外側にクッキークランチがまぶしてあります。

バニラアイスとチョコレートの黄金タッグ
そして、クッキークランチがのザクザク感が
良いアクセントになっています。

美味しさのベースを支えるのはバニラアイスです。
しっかりしたミルク感を感じます。

アイスクリームの種類を見てみると
ブラックモンブランは「アイスミルク」に分類されます。

アイスクリームは、乳固形分や乳脂肪分の量で
カテゴリー分けされています。

これらが多いほどミルクの風味を感じられると
されています。
多い順に、アイスクリーム>アイスミルク>ラクトアイス

アイスミルクは、真ん中に位置しており
牛乳と同じくらいの乳成分があることになります。
乳成分を高めるほど、原価も高くなると考えられます。

 

一般的によくある100円アイスの中で
アイスミルクのカテゴリーにいるのは
企業努力が感じられるような気がします。

アイスクリームの分類に関しては
乳成分が少ない=品質が悪い というわけではありません
それぞれの製品に合った味わいがあるのです。

ラクトアイスだって、ラクトアイスらしい美味しさがあります。
この部分に関しては、また、書きたいと思います。

■あたりつき
こんなに製品のクオリティーが高いブラックモンブランですが
さらに嬉しいことに、「あたりつき」なのです!

あたりの場合、アイスの箸の部分に、点数が焼印されています。
100点、50点、10点 とあり。
100点集めると、アイス1本と引き換えてもらえます。

管理人がハマって食べていたときには
結構な確率で点数が集まり、何本か引き換えたのを覚えてます。

さらに、これだけじゃありません
特賞も用意されています。
○ブラックモンブラン&ミルクック 商品引換券(1000円分)
○図書カード(500円分)

というのもあるようです。
これに関しては、管理人は当たったことがありません…

どこまでも、子供たちに喜んでもらいたいという
思いが伝わってきますね。

■ふるさと納税の返礼品にも

このブラックモンブランですが、調べていくと
佐賀県小城市のふるさと納税の返礼品にもなっているようです。

アイスクリームで子供たちの心をつかみ
企業として、地域にも貢献しているのですね。

■アイスもおもしろい

今回は、ブラックモンブランを深堀してみましたが
アイスクリームは、なかなか面白いと思っています。

また、機会があればアイスクリームの記事を書いてみたいと思います。

 

ブロトピ:更新しました

一度は食べてみたい憧れのイチゴ ももいちご(さくらももいちご)

このブログは、イチゴブログではありませんが
すっかりイチゴ推しになっています。

■イチゴの品種と言って思い浮かぶのは

 

イチゴといって、思い浮かぶのは。。。
○とちおとめ
○あまおう
○紅ほっぺ
○スカイベリー
あたりが、メジャーどころでしょうか。

スーパーマーケットでもよく目にするイチゴです。
(お住まいの地域によっても差はあると思います)

今回、ご紹介したいのは
管理人も食べたことがない、あこがれのイチゴです。

 

■憧れのイチゴ ももいちご(さくらももいちご)

 

ももいちごは、徳島県佐那河内村(さなごうちそん)の
ブランドイチゴ(登録商標)です。

ももいちごという名前の由来は、桃のように丸くて
果汁も桃のように多いことに由来しているそうです。

今では、このももいちご、さらに品種改良が進み
「さくらももいちご」という品種が
主流になっているようです。
(名前がちょっと、ちびまる子ちゃんのさくらももこっぽい)

管理人が、このももいちごを知ったきっかけは
昔、友人宅に遊びに行くときの
お土産として、イチゴを調べたときに
このももいちごの事を知りました。

果汁が桃のように多いという特徴に
グッときてしまい
これをお土産で持っていこう!と
考えたところまでは良かったのですが

近所のお店では手に入れることが出来なくて
断念したということがありました。

この出来事以降、きっかけをすっかり失ってしまい
憧れのまま現在にいたることに…

今でもこうして思うのですが
きっと美味しいんだろうなぁ…

 

■イチゴの品種って結構多いのです

こうして、イチゴのことを調べていくと
イチゴの品種って、意外と有ることがわかります。

ただ、流通の関係や
コストの関係などで
普段見かけるイチゴって同じような感じ
なんだろうなって思います。

今は、楽天市場等で、どんな品種も手に入りそうなので
経済的なゆとりがもう少しあれば
お取り寄せして食べてみたいものです。

 

■イチゴの魅力について考える

ここ数日、空いてる時間があればイチゴのことを
考えていましたが、なぜ、イチゴに魅力を感じるのか…

考えてみると、イチゴは繊細で
果肉も柔らかく痛みやすいですね。
食べごろになっている期間も短い。

そして、生産者のこだわりがすごく強そうだなって思うのです。

あんなに小さな身を一つ一つ宝石のように
大切に扱う感じって、実に日本人らしい仕事だなって
思うわけです。

イチゴに対する情熱が、イチゴの姿を通して伝わってくる。
これこそがイチゴの魅力だなって、思いました。

イチゴの赤い実は、生産者の情熱の赤さなのでしょうね。

うまいこと(?)まとまったので、今日はこのへんで。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

都心でいちご狩り!TOKYO STRAWBERRY PARKが間もなくオープン

■TOKYO STRAWBERRY PARK(トーキョーストロベリーパーク)とは

 

参考情報ホームページ

横浜の「TOKYO STRAWBERRY PARK」で一年中イチゴ狩りを

公式ホームページ(4/20〜)
https://tokyo-strawberry-park.jp/

横浜市鶴見区にTOKYO STRAWBERRY PARKという
施設がオープンします。

前回いちごの記事を書いていくなかで
思い浮かんだので記事にしてみました。

TOKYO STRAWBERRY PARKとは
横浜火力発電所に併設され、電気の力で
いちごを育て、一年中いちご狩りが出来るという施設です。

発電事業を行っている東京電力フュエル&パワーが
電力自由化のなかで新たな事業領域拡大として
行っている取り組みです。

 

■どんな施設なんでしょうか?

 

約3,000㎡の栽培面積に約2万株のイチゴの苗があり
生産量は、年間で約10tにもなるようです。

栽培施設には、オール電化、温湿度等の環境制御を自動化、環境負荷低減を目的とした農業排水リサイクルシステム、イチゴに与える養分を循環させる液肥リサイクル装置などなど
最新技術がたくさん盛り込まれています。

少し近未来な雰囲気も感じますね。

そして、イチゴ狩り意外にもお楽しみがあります。

併設された、ICHIGO.LABは、イチゴとチョコレートを使ったお菓子を作る工房になっていて
お菓子作りを見学したり、購入する事もできます。

さらにPARK SIDE KITCHENは、ビュッフェスタイルのイタリアンレストランです。
美味しい食事も堪能できます。

イチゴ狩りだけじゃなくて、たっぷり楽しめそうですね。

 

■アクセス・料金などは

 

住所は、横浜市鶴見区大黒町11-1

公共交通機関の利用だと、JR「鶴見」駅から横浜市営バスで約15分(「横浜火力発電所前」下車)

横浜市営バス、181系統「さとうのふるさと」行きになりますが
土曜日は、1時間に2本
日曜日は、1時間に1本くらいですので
バスを利用する場合は、要確認です。

https://bus.ekitan.com/rosen/Rp300?t=0&b=341113&c=34&f=0&com=34&cn=%89%A1%95l%8Es%89c%83o%83X

駐車場もあります。
車でのアクセスだと、首都高速が便利ですね。
首都高速湾岸線、大黒ふ頭ICが近いです。

○イチゴ狩り料金
1~6月 大人2000円 小学生以下1500円
7~12月 大人2980円 小学生以下2480円
※3歳以下は無料

○PARK SIDE KITCHEN
90分、2100 円※土・日曜、祝日は2500円

個人的には、少し割高感を感じますが
内容の充実感は、行ってみないとわかりません。

もし、行く機会があれば
レポートなど、残していきたいと思います。

 

■発電所の敷地内でイチゴ狩り、不思議な感覚をぜひ

 

発電所の広大な敷地に現れるイチゴ施設。
工場地帯とイチゴの不思議なマッチングは
なんだか面白そうです。

そして、発電所の敷地にもなかなか入る機会が、ないと思いますので
この機会に、発電所にも興味を持ってみると良いかもしれませんね。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

イチゴスイーツが熱い時期になりましたがところでイチゴスプーンって知ってます?

■陽気も暖かくなってイチゴが熱いです

暖かくなってきて、上着もいらなくなり
春本番って感じです。

巷では、なにやらイチゴが熱くなってきたようで

「スターバックスコーヒーのストロベリーベリーマッチフラペチーノ(プレスリリース)」
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2018-2719.php

「資生堂パーラーのフルーツパフェ」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000267.000006543.html

などなど、イチゴを使った商品で賑わっています。

 

■イチゴはみなさんどうやって食べますか?

イチゴの食べ方は、それぞれあると思いますが
・そのまままるかじり
・練乳をつけて
・牛乳をかけていちごミルクに

食べ方のバリエーションが沢山あるのは
イチゴの良いところですね。

管理人が子供の時には
牛乳をかけていちごミルクが多かったですが
最近は、そのまま食べるのが好きですね。

牛乳をかける食べ方をしていて
ひどいときなんて、砂糖をかけていたのを
思い出しました。

幼少期は、ずいぶんジャンクな食生活だったなぁと思います。

■いちごミルクの必需品イチゴスプーンを知ってますか?

いちごミルクの食べ方が一般的だったのか
当時は、いちごミルクを作って食べることに
特化したイチゴスプーンというモノがありました。

実家に帰ればまだあると思いますが。。。

ふと気になって、このイチゴスプーンが
まだ売っているのか調べてみました。

すると。。。
楽天市場でありました!

 

イチゴスプーンとは、こんなアイテムです。
スプーンのすくう部分が平らになっていて
イチゴを潰しやすくなっています。

平らになっている部分は
イチゴをイメージさせるつぶつぶがあり
滑りにくくしていると思われます。

スプーンの先端は、先割れになっていて
刺したり、切ったりもしやすくなっています。

こんな多機能なスプーンですが
イチゴを食べる時以外は、ほぼ使えません。

■ジェネレーションギャップを感じるアイテム

このイチゴスプーンですが、おそらく若い人は
知らない人が多いと思います。

ウチの子供たちもおそらくしらないでしょう。

管理人自身も、イチゴをそのまま食べるのが
当たり前になっていて
このスプーンを使う必要も無くなっています。

想像するに
昔のイチゴは、すっぱいものが多かったため
牛乳や加糖して、食べていたと思います。

そのため、いちごミルク文化が発達したのでは…
と思います。

ところが、近年は、イチゴそのものが
美味しくなってきており
そのまま食べて、素材の味を楽しむという
健康志向的な要素もあると思います。

そんな時代の移り変わりの中でも
変わらずにこのスプーンが生き残っていたことが
少し嬉しい気持ちになりました。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

隙間時間のブログ生活が少しずつ定着してきました

このブログをはじめて、もう少しで1ヶ月になります。

最初のうちは、なかなか更新出来なくて
せっかく決意して作ったのに…
と、悔しい気持ちでいました。

最初更新出来なかった原因は
何を書こうか決まらなかったトコロが大きく
それなら、まずは好きなことから書こう!
ということで、スイーツの記事を書きました。

すると、書いているのが楽しくなってきて
自分の中でも徐々に定着してきている感じがします。

途中で、審査に出していたGoogleAdSenseが
無事に通過出来たのも大きかったですね。
ちゃんとやったら、ちゃんと通るんだと
実感した瞬間でした。
(GoogleAdSenseに関しては、まだまだ勉強中です。)

管理人が、このブログをどういう状況で書いているかというと
通勤のバスや電車の中で書いています。
通勤のなかでネタを考えて記事を書く。
というのを、組み込んだわけです。

通勤時間は、結構長い方だと思っていて
電車やバスで、ボーッとしている時間が多く
この時間をお金に変えられないかと思ったのが
そもそもの始まりです。

ゲームなんかもやっていた時期もありましたが
結局何も残りませんでした。

今は、ブログの事を考えたり、書いたり
ポイントサイトでポイントを貯めたり

時には資格の勉強をしたり、本を読んだり
少しでも価値的に時間を使っていこうと考えています。

疲れている時は、爆睡もします。
これも、ある意味価値的かなと…

とにかくブログに関しては
『ブログは資産』
『継続は力なり』
を肝に命じて、挫けそうになったら
これを思い出してコツコツ続けていきたいと思います。

スイーツ店のプリンに匹敵するクオリティー メイトーのなめらかプリン

今回、ご紹介するのはコンビニやスーパーマーケットでも見かける
メイトーのなめらかプリンです。
http://www.meito.co.jp/products/cat3/000181.html

■有名店に負けないプリン

プリンと言われて思い浮かぶのは
パステルやマーロウなどの有名店もありますが
私の中では、なめらかプリンです。

有名店のプリンだって、美味しいものは美味しいですが
このなめらかプリンも、負けてはいません。

実勢価格は、108円(税込)ですから
この値段で、この味ですから
素晴らしいコスパと言えます。

■なめらかでやわらかいトロトロプリンです

なめらかプリンは、カラメルは入っていません
ゆえにシンプルな味わいです。

量もちょうどいいサイズで、適度な満足感があります。

なめらかプリンの特徴は、その名の通り
なめらかさにあります。
蓋を開けるときに気をつけないと
中身が飛び出してくるぐらいに、やわらかいです。

 

■オススメの食べ方

オススメの食べ方は、小さめのスプーンで
少しずついただくのが良いと思います。

一口ひとくち、なめらかと甘さを感じながら
じっくりと味わうことができます。

 

■まとめ

見た目は地味だし、値段も安いですが
味も食感もかなりクオリティー高いです。

まだ、食べたことがない方はぜひお試しあれ。

マッターホーンでバウムクーヘンのイメージが変わります

今日、ご紹介するのは東京 学芸大学に店舗をかまえる洋菓子店
マッターホーンです。
http://matterhorn-tokyo.com/entremet.html

管理人取っておきの、オススメを教えます!

 

■ごまかしのきかないバウムクーヘン

 

マッターホーンでオススメは
バウムクーヘンです。

バウムクーヘンは、切り株をイメージした
シンプルなケーキです。

なにか、トッピングがしてあったり
混ぜてあったりするわけではありません。
デコレーションがされているわけでもありません。
見た目はかなり地味です。

そのため、素材の組み合わせ、食感、味、香り
シンプルな勝負になるわけです。

 

■バウムクーヘンってこんなに美味しいのか?!

って、最初に食べたときは衝撃を受けました。

正直、このバウムクーヘンに出会うまでは
バウムクーヘン自体、それほど好きではありませんでした。
カステラやスポンジケーキみたいで
そして、ちょっとパサパサしていて。。

このバウムクーヘン、何が違うかというと
しっとりさがスゴイんです。
でも、柔らかすぎず、ちょうどいい食感なのです。

そして、甘すぎない感じと、良い香り。

これは、クセになります。
お土産に持っていったのに
空気も読まずに、パクパク食べてしまいそうになります。

 

■オススメの食べ方は薄めにカットすること

基本的には、好きな大きさにカットして
自由に楽しんでいただけたら良いと思いますが

オススメのカットの仕方があります。

このバウムクーヘン、ホールの他に
カットされた、個別包装のものも売られているのですが

このカットの仕方が、秀逸です。

すなわちこの切り方が、オススメの切り方になります。

少し薄めのカットが、食感を際立たせます。
ぜひお試し下さい。

 

■売り切れ必至のバウムクーヘン

マッターホーンのバウムクーヘン
ホールでも2000円という、お手頃価格。

なので、週末や遅い時間になると
売り切れになる可能性が高いです。

どうしても買いたい!時は
店舗にお問い合わせしてから、行ったほうが良さそうです。

これを書いていたら、久しぶりに食べたくなってきました…

今日から新年度ですね 何となく前向きな気持ちになります

■みなさんはどんな新年度を迎えましたか

4月になり、最初の営業日でした。
今日から新年度の始まりという方も
多かったのではないでしょうか。

新入社員のフレッシュマン。
転勤で新たな配属先になった人。
転職して、心機一転決意した人。

いろいろな方がいると思います。

管理人は、転勤も無かったので
ひとまず今の会社で、勤続19年目の
シーズンがスタートしました。

■周囲の人が持つパワーを感じる

個人的には、年度が変わって気持ちの切り替わり
なんて、あまり無くて
仕事も、繁閑があまり無い仕事なんです。
(新入社員も入って来なかったりして)

ただ、街を見渡してみると
通勤中にあまり見かけない顔があったり
明らかに新入社員の集団らしき一団があったり
そういった人々の様子を見ていると
新年度だなぁ。と感じるとともに
よし!自分も頑張っていこう!と
パワーをもらえたりします。

■早いもので2018年も4分の一おわりました

2018年も4分の一が終わり
なんだかんだしていると、すぐに寒くなって
年末になってしまいます。

目まぐるしい日々ですが
一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

今日は、役に立つ情報はありませんでした。
ちょっとした日常のボヤキをお届けしました。

食べる宝石箱 キルフェボンのタルト

■フルーツタルトの有名店キルフェボン

 

今回、ご紹介するのは、知っている方も多いかもしれませんが
フルーツタルトで有名なキルフェボンです。

http://www.quil-fait-bon.com

旬の果実を贅沢に、そして、鮮やかに盛り付けた
フルーツタルトは、芸術品の域です。

店舗のショーケースを見ていると
時間を忘れて見とれてしまいます。

■オーダーを受けてからひとつひとつ丁寧に

 

キルフェボンのタルトは
オーダーを受けてから、ひとつひとつ丁寧に作られます。

そのため、若干の待ち時間はありますが
ワクワク感であっという間の時間です。

本当に丁寧な仕事で
開封した時の感じは、ショーケースの感動が
よみがえってきます。

■彩り鮮やかな果実たち

 

定番の苺(個人的には一番好きです)
高級感漂う葡萄や桃、そして洋梨などなど
どれも魅力的すぎて、決めるのが大変です。

色とりどりの果物は、まるで宝石箱のようです。

果物の魅力を再発見するような気がします。

 

■特別な記念日などにいかがでしょうか

 

キルフェボンのタルトは、決して安くはありません。
しかし、旬の果実、丁寧な仕事、仕上がり、味
どれをとっても相応の価値があると思えます。

誰かとの特別な記念日に持っていけば
必ず喜んでもらえると思いますし
パーティーの場に行っても、存在感を放つ華やかさです。

ここぞ!という時の、取っておきに
如何でしょうか?

ぜひお試しください。