このエントリーをはてなブックマークに追加

都心でいちご狩り!TOKYO STRAWBERRY PARKが間もなくオープン

■TOKYO STRAWBERRY PARK(トーキョーストロベリーパーク)とは

 

参考情報ホームページ

横浜の「TOKYO STRAWBERRY PARK」で一年中イチゴ狩りを

公式ホームページ(4/20〜)
https://tokyo-strawberry-park.jp/

横浜市鶴見区にTOKYO STRAWBERRY PARKという
施設がオープンします。

前回いちごの記事を書いていくなかで
思い浮かんだので記事にしてみました。

TOKYO STRAWBERRY PARKとは
横浜火力発電所に併設され、電気の力で
いちごを育て、一年中いちご狩りが出来るという施設です。

発電事業を行っている東京電力フュエル&パワーが
電力自由化のなかで新たな事業領域拡大として
行っている取り組みです。

 

■どんな施設なんでしょうか?

 

約3,000㎡の栽培面積に約2万株のイチゴの苗があり
生産量は、年間で約10tにもなるようです。

栽培施設には、オール電化、温湿度等の環境制御を自動化、環境負荷低減を目的とした農業排水リサイクルシステム、イチゴに与える養分を循環させる液肥リサイクル装置などなど
最新技術がたくさん盛り込まれています。

少し近未来な雰囲気も感じますね。

そして、イチゴ狩り意外にもお楽しみがあります。

併設された、ICHIGO.LABは、イチゴとチョコレートを使ったお菓子を作る工房になっていて
お菓子作りを見学したり、購入する事もできます。

さらにPARK SIDE KITCHENは、ビュッフェスタイルのイタリアンレストランです。
美味しい食事も堪能できます。

イチゴ狩りだけじゃなくて、たっぷり楽しめそうですね。

 

■アクセス・料金などは

 

住所は、横浜市鶴見区大黒町11-1

公共交通機関の利用だと、JR「鶴見」駅から横浜市営バスで約15分(「横浜火力発電所前」下車)

横浜市営バス、181系統「さとうのふるさと」行きになりますが
土曜日は、1時間に2本
日曜日は、1時間に1本くらいですので
バスを利用する場合は、要確認です。

https://bus.ekitan.com/rosen/Rp300?t=0&b=341113&c=34&f=0&com=34&cn=%89%A1%95l%8Es%89c%83o%83X

駐車場もあります。
車でのアクセスだと、首都高速が便利ですね。
首都高速湾岸線、大黒ふ頭ICが近いです。

○イチゴ狩り料金
1~6月 大人2000円 小学生以下1500円
7~12月 大人2980円 小学生以下2480円
※3歳以下は無料

○PARK SIDE KITCHEN
90分、2100 円※土・日曜、祝日は2500円

個人的には、少し割高感を感じますが
内容の充実感は、行ってみないとわかりません。

もし、行く機会があれば
レポートなど、残していきたいと思います。

 

■発電所の敷地内でイチゴ狩り、不思議な感覚をぜひ

 

発電所の広大な敷地に現れるイチゴ施設。
工場地帯とイチゴの不思議なマッチングは
なんだか面白そうです。

そして、発電所の敷地にもなかなか入る機会が、ないと思いますので
この機会に、発電所にも興味を持ってみると良いかもしれませんね。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です