このエントリーをはてなブックマークに追加

国民栄誉賞の羽生結弦の前の最年少受賞者は誰か

羽生結弦選手の国民栄誉賞最年少受賞のニュースを見て
その前は誰だったのか調べてみました。

これまでの最年少受賞者は
柔道のの山下泰裕さんが27歳4ヶ月で
受賞されていたようです。

今回、羽生結弦選手が23歳ですので
かなりの記録更新になりそうですね!

柔道の山下選手は、引退後も指導者としても
活躍されているようですので
羽生選手も、国民的な人気で長く活躍するのではないでしょうか。

フィギュアスケートに関しては、選手としての
ピークが比較的若いですから
今後も、フィギュアスケートの選手から記録更新する選手がでるかもしれません。

いずれにしても、若いチカラが元気なのは
世の中も盛り上がりますね!

今後もどんな若いチカラが出てくるのか。

とても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です