このエントリーをはてなブックマークに追加

厚焼き玉子サンドはまだ普通?変わり種 羊羹サンドイッチ など他にもあるよ

厚焼き玉子サンドってご存知ですか?
調べてみると、他のコンビニでも取り扱われていて
結構知られているようですね。

・参考サイト
ふんわり分厚い!ミニストップの「厚焼き玉子サンド」が魅力的–辛子マヨネーズをピリッときかせて
https://entabe.jp/22923/ministop-atsuyaki-tamago-sand

今回は、少し変わり種のサンドイッチについて
調べてみることにしました。

■奥が深いぞサンドイッチの世界

変わった具といえばなんだろう…
と、最初に思いついたのが納豆でした。

しかし、調べてみるとこれが意外とありまして
レシピも沢山出てきました。
納豆メーカーも、納豆レシピとして紹介している
くらいなので、これは珍しく無いですね…

次に、思いついたのがゼリーでした。
すると…これも、出てくる出てくる
コーヒーゼリーのサンドイッチは
まあまあ、認知度がありそうでした。

そしてなんと、驚いたことに
納豆とコーヒーゼリーを組み合わせたサンドイッチも
あるそうで…

世の中には、色んな発想をする人がいるんだと思いました。

・三重県鈴鹿市「鞍馬サンド」の納豆コーヒーゼリーサンド
https://www.google.co.jp/amp/s/icotto.jp/presses/12963.amp

■シベリアとは違う羊羹サンドイッチ

シベリアは、羊羹をカステラでサンドしたもので
時々、コンビニやスーパーでも見かけることがあります。

・シベリア参考画像

歴史上、シベリアとは違う羊かんサンドイッチというものが
存在していたことがわかりました。

・とらやブログ「羊羹サンド」
http://toraya-group.blogspot.jp/2013/01/blog-post_21.html?m=1

しかも、とらやの羊羹でお馴染みの
とらやがニューヨーク店の喫茶で出していたメニューだそうです。

羊羹に馴染みのないアメリカ人に、羊羹のおいしさ知ってもらおうと
考案されたのが「羊羹サンドイッチ」です。
2mm程にスライスした羊羹を、クリームチーズとともに
サンドした、シンプルですが、とらやらしい
気品溢れる逸品ですね。

クリームチーズと羊羹。
これは、再現してみる価値が有りそうです。

■パンをサンド?その名もトーストサンドイッチ

世界のサンドイッチ図鑑という、書籍にたどり着きました。
これを、読み進めていくと、世界のサンドイッチがイロイロ紹介されています。

これを読んでいると、「サンドイッチの世界は自由」だとわかります。

・世界のサンドイッチ図鑑

その中でも衝撃的だったのが
その名も、「トーストサンドイッチ」です。

「トーストサンドイッチ」とはこうあります。
バタートーストをスライスしたパンで挟み、塩・こしょうで味をつけたサンドイッチです。
「英国における最も経済的なランチ」とも言われるそうです。

■サンドイッチは自由だー!

いかがでしたでしょうか?
サンドイッチの世界は、無限の可能性を感じました。

パンに挟んで食べたいモノを
自由に挟んで食べれば良いのです。

おかずから、甘いもの、そしてパンにいたるまで
先人たちは、様々なものを挟んできました。

これから、サンドイッチを食べるときは
ぜひ、そんな事も思い出しながら食べてみたいと思います。

ブロトピ:ブログ更新しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です