このエントリーをはてなブックマークに追加

一度は食べてみたい憧れのイチゴ ももいちご(さくらももいちご)

このブログは、イチゴブログではありませんが
すっかりイチゴ推しになっています。

■イチゴの品種と言って思い浮かぶのは

 

イチゴといって、思い浮かぶのは。。。
○とちおとめ
○あまおう
○紅ほっぺ
○スカイベリー
あたりが、メジャーどころでしょうか。

スーパーマーケットでもよく目にするイチゴです。
(お住まいの地域によっても差はあると思います)

今回、ご紹介したいのは
管理人も食べたことがない、あこがれのイチゴです。

 

■憧れのイチゴ ももいちご(さくらももいちご)

 

ももいちごは、徳島県佐那河内村(さなごうちそん)の
ブランドイチゴ(登録商標)です。

ももいちごという名前の由来は、桃のように丸くて
果汁も桃のように多いことに由来しているそうです。

今では、このももいちご、さらに品種改良が進み
「さくらももいちご」という品種が
主流になっているようです。
(名前がちょっと、ちびまる子ちゃんのさくらももこっぽい)

管理人が、このももいちごを知ったきっかけは
昔、友人宅に遊びに行くときの
お土産として、イチゴを調べたときに
このももいちごの事を知りました。

果汁が桃のように多いという特徴に
グッときてしまい
これをお土産で持っていこう!と
考えたところまでは良かったのですが

近所のお店では手に入れることが出来なくて
断念したということがありました。

この出来事以降、きっかけをすっかり失ってしまい
憧れのまま現在にいたることに…

今でもこうして思うのですが
きっと美味しいんだろうなぁ…

 

■イチゴの品種って結構多いのです

こうして、イチゴのことを調べていくと
イチゴの品種って、意外と有ることがわかります。

ただ、流通の関係や
コストの関係などで
普段見かけるイチゴって同じような感じ
なんだろうなって思います。

今は、楽天市場等で、どんな品種も手に入りそうなので
経済的なゆとりがもう少しあれば
お取り寄せして食べてみたいものです。

 

■イチゴの魅力について考える

ここ数日、空いてる時間があればイチゴのことを
考えていましたが、なぜ、イチゴに魅力を感じるのか…

考えてみると、イチゴは繊細で
果肉も柔らかく痛みやすいですね。
食べごろになっている期間も短い。

そして、生産者のこだわりがすごく強そうだなって思うのです。

あんなに小さな身を一つ一つ宝石のように
大切に扱う感じって、実に日本人らしい仕事だなって
思うわけです。

イチゴに対する情熱が、イチゴの姿を通して伝わってくる。
これこそがイチゴの魅力だなって、思いました。

イチゴの赤い実は、生産者の情熱の赤さなのでしょうね。

うまいこと(?)まとまったので、今日はこのへんで。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です