このエントリーをはてなブックマークに追加

ジューンブライドの歴史と日本における意外な真実

ジューンブライドと聞いて、どんなイメージを持ちますか?
・幸せな結婚
・爽やかなカップル
・結婚業界が賑わう

など、様々なイメージをもつかと思います。

そもそも、ジューンブライドとはということで。

結婚を司る女神Junoが6月を守護していることから
6月のことを英語ではJuneと言います。

そのため、欧米では
6月に結婚するジューンブライドは
女神の加護を受けて幸せになると
そういう訳なんです。

そして、これが日本に伝わったとされるのは
1967年ごろと言われています。
50年以上前ですね。

梅雨の時期は婚礼も少ないことから
ホテルやブライダル業界が
6月の婚礼を増やそうとした作戦の一つです。

クリスマスやバレンタインデー
近年では、ハロウィンなんかも大々的に
イベント仕立てにして、賑わっていますよね。

業界の取り組みによって
ジューンブライドは浸透したものの
6月の婚礼数は今も多くは無いようです。

年によってバラツキもあるようですが
(大安などの関係と曜日の組み合わせなど)
やはり、婚礼が多いのは春と秋だそうです。

ともあれ、いつ結婚しようとも
幸せなってもらえることが一番ですな(台無し)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です