このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニで買える究極の抹茶スイーツ ハーゲンダッツグリーンティー

■抹茶フレーバーの季節

「ブルボンの抹茶のお菓子そろい踏み!「アルフォートプレミアム濃茶」や「エリーゼ宇治抹茶」など」

https://entabe.jp/22864/bourbon-matcha-products

抹茶フレーバーのお菓子良いですね!

抹茶はチョコレートやクリームとの相性もいいですし
あんこなどの、和なスイーツにもあいますね。
これからの季節では、かき氷にも抹茶フレーバーが出てくるように
抹茶味のスイーツは、好まれているように感じます。

 

■抹茶スイーツといえばこれ!

コンビニで買える、抹茶スイーツのなかで
管理人ちゃんこがオススメするスイーツは
「ハーゲンダッツ グリーンティー」です。

せっかく「ハーゲンダッツ」を食べるなら…
と、ドルチェなど華やかなものにいきたい気持ちもわかります!

いやいや、せっかくだから、手堅く
バニラやストロベリーという気持ちもわかります!

今日は、とにかく抹茶にしたい気分!と
心を決めていただいて、とびきり地味なグリーンティーにしてみませんか。

 

■グリーンティーに込められた様々なこだわり

ハーゲンダッツ グリーンティーについて
深ぼりしてみると、様々なこだわりが見えてきました。

茶葉については、オリジナルブレンドのものを使っていて
新芽だけを摘み取った一番茶だけではなく
苦味や渋味を調整するために二番茶もブレンドしているそうです。

口当たりの良さを追求する、飲むお茶とは違い
いかに抹茶らしさを出すかを追求したカタチですね。

なんと、構想には7年もの歳月がかかっているとのこと。
これには、ただただオドロキです。

■実は究極かもしれないさらなるこだわり

光と熱を嫌う抹茶のために、茶葉を粉にするときに
石臼を使って挽いています。
石臼のほうが熱がかかりにくく、風味が引き出されるんですね。

さらに、熱をかけないように、そのスピードもゆっくりと。
1時間で挽ける量は石臼1台につきわずか数十グラム。

そして、抹茶の鮮やかなグリーンを実現するためにもテクノロジーがあります。
なんと、茶葉を暗闇の中で挽くのです。

暗闇のなかで、石臼でゆっくりと挽かれる茶葉。
これによってあの風味豊かな抹茶のフレーバーが完成するわけですね。
とてつもないこだわりです…

 

■実はお得な商品なのでは…

いかがでしたでしょうか?
考えていた以上に、こだわりが詰め込まれていましたね。

そう考えると、あのミニカップひとつが
200円そこそこで買えるというのは
実は高い買い物じゃないんじゃないかと思えてきました。

ぜひ、みなさんもこの抹茶の世界、体験してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です