このエントリーをはてなブックマークに追加

イチゴスイーツが熱い時期になりましたがところでイチゴスプーンって知ってます?

■陽気も暖かくなってイチゴが熱いです

暖かくなってきて、上着もいらなくなり
春本番って感じです。

巷では、なにやらイチゴが熱くなってきたようで

「スターバックスコーヒーのストロベリーベリーマッチフラペチーノ(プレスリリース)」
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2018-2719.php

「資生堂パーラーのフルーツパフェ」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000267.000006543.html

などなど、イチゴを使った商品で賑わっています。

 

■イチゴはみなさんどうやって食べますか?

イチゴの食べ方は、それぞれあると思いますが
・そのまままるかじり
・練乳をつけて
・牛乳をかけていちごミルクに

食べ方のバリエーションが沢山あるのは
イチゴの良いところですね。

管理人が子供の時には
牛乳をかけていちごミルクが多かったですが
最近は、そのまま食べるのが好きですね。

牛乳をかける食べ方をしていて
ひどいときなんて、砂糖をかけていたのを
思い出しました。

幼少期は、ずいぶんジャンクな食生活だったなぁと思います。

■いちごミルクの必需品イチゴスプーンを知ってますか?

いちごミルクの食べ方が一般的だったのか
当時は、いちごミルクを作って食べることに
特化したイチゴスプーンというモノがありました。

実家に帰ればまだあると思いますが。。。

ふと気になって、このイチゴスプーンが
まだ売っているのか調べてみました。

すると。。。
楽天市場でありました!

 

イチゴスプーンとは、こんなアイテムです。
スプーンのすくう部分が平らになっていて
イチゴを潰しやすくなっています。

平らになっている部分は
イチゴをイメージさせるつぶつぶがあり
滑りにくくしていると思われます。

スプーンの先端は、先割れになっていて
刺したり、切ったりもしやすくなっています。

こんな多機能なスプーンですが
イチゴを食べる時以外は、ほぼ使えません。

■ジェネレーションギャップを感じるアイテム

このイチゴスプーンですが、おそらく若い人は
知らない人が多いと思います。

ウチの子供たちもおそらくしらないでしょう。

管理人自身も、イチゴをそのまま食べるのが
当たり前になっていて
このスプーンを使う必要も無くなっています。

想像するに
昔のイチゴは、すっぱいものが多かったため
牛乳や加糖して、食べていたと思います。

そのため、いちごミルク文化が発達したのでは…
と思います。

ところが、近年は、イチゴそのものが
美味しくなってきており
そのまま食べて、素材の味を楽しむという
健康志向的な要素もあると思います。

そんな時代の移り変わりの中でも
変わらずにこのスプーンが生き残っていたことが
少し嬉しい気持ちになりました。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です