このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさと納税の返礼品は普段使いのものを選んで家計のコストダウンを

今日は、ふるさと納税をテーマに少し書いてみたいと思います。
いろいろな使い方があるとは思いますが
私、管理人が実践している使い方をご紹介します。

■ふるさと納税とは?

特定の町などに対して、ふるさと納税というカタチで
お金を納めると、その地域からお礼の品として返礼品が届きます。

その街は、いただいたお金を使って、町の政策に活用。
その地域の発展に役立てることになります。

そして、お金を納めた側については
そのお金は寄付金という扱いになり
確定申告を行うと(確定申告不要の制度もあり)
翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

その上限額は、所得や家族構成によって異なります。
また、自己負担額として2,000円は負担が必要です。

要するに、自分が住んでいる地域に納める住民税を
他の地域に納めることができる上に
返礼品というカタチで、オマケの品物が貰えるというちょっとお得な制度です。

制度が始まった当初は、そのブームから
返礼品がどんどん豪華になったりして
だいぶ、規制がかかったようですが
まだまだ、人気の制度になっています。

■返礼品のイメージ

ふるさと納税→返礼品のイメージというと
地域の特産品が貰える。ということから

・良い肉が食べられる。
・美味しいメロンが食べられる。

などなど、ちょっと豪勢なものだったり
特別感があるものというイメージがあるかと思います。

2,000円さえ払えば
いつもよりちょっと良いものが食べられる。
と、思えばそれはそれで正しいと思います。

■管理人的な活用法

しかしながら、お金にゆとりがない
管理人ちゃんこ家では、豪勢な返礼品を
もらっている場合ではありません。

切実に家計のコストダウンを狙う必要があります。

基本的な考え方として
・住民税は、毎年納税するもの。
・ふるさと納税をしても住民税が無くなる訳ではない
ということです。

ふるさと納税をした翌年の住民税は控除されますが
みかけ安くなったように思えますが
住民税を、先払いをしただけなので
その分を返してもらっているだけです。

ということで、いかに寄付金に対する返礼品の額が高いものを選ぶかが重要になります。
そして、普段使いのものを選ぶことも、重要になります。

■具体的なケースで試算してみましょう
自己負担額が複雑になるため、考えません。

・例:高いお肉をもらった場合

10,000円の寄付額で、返礼品の高級肉500g(市価3,000円)としましょう
すると、3,000円のお肉が実質タダでもらえた!
得した!!と、なるわけですが

通常スーパーで購入する600円くらいの肉が
3,000円のお肉になったに過ぎません。

家計に対するメリットは、600円になります。

そもそも、4,000円のお肉は買う必要が無いからです。

そこで、オススメの返礼品は、お米や味噌です。
これらの食材は、毎月一定量必要なものです。

・例:現実的なお味噌を貰った場合

10,000円の寄付金で、返礼品のお味噌5kg(市価3,000円)とします。
金額の設定は、先ほどの高級肉と同じです。

お味噌5kgを使い切るのは大変です。
このお味噌がある間は、普段買っている味噌を
買う必要が無くなります。

よって、家計へのメリットは、そのまま3,000円となります。

■額が大きいほどメリットも大きく

ふるさと納税の上限額は、最初に書いたとおり
所得や家族構成によってことなりますが
50,000〜100,000円にもなります。

先ほどの高級肉で100,000円分寄付しても
家計には、6,000円のメリットですが

お味噌を100,000円分寄付すると
30,000円ものメリットが発生します。

年収500万の家庭であれば
24,000円の違いは大きいですよね。

■まとめ

今回、ふるさと納税について
こんな使い方もあるよ!ということで
ご紹介しました。

最初にも書いたとおり、使い方や考え方は、それぞれですので
ご家庭にあったやり方で活用してみてください。

ブロトピ:ブログ更新しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です